« ドラゴンダンサー ヴェロニカ | トップページ | 新春トリオ祭 »

英語版世界大会動画

いまさらだけど見てみた。
地元でペリノア軸を使ってる人はいるけど、ここまで回ってるのは見た事が無かったから見るだけでも楽しめる試合だったわw
一試合目はペリノア側ライド事故って終了かと思いきやニムエでペリノア引き当てたのは凄過ぎる。
二試合目はペリノア側がライド事故ってたのでアレですが・・・
三試合目はペリノア側があんなにヒール発動してるのに仕留めきったデュークのフィニッシャー性能には恐れ入ったわw

細かいプレイングうんぬん抜きにして、何枚貫通ガードか相手にきちんと伝えたり、試合後握手したりと、お互いマナーと相手に敬意を払っている点を見ても熱い試合だった。

|

« ドラゴンダンサー ヴェロニカ | トップページ | 新春トリオ祭 »

雑記:ヴァンガード」カテゴリの記事

コメント

英語圏のTCGというと、やっぱMTGが主流だから、競技性が高く、フロアルールまでガチだから、マナーとかは自然と身についてる人たちなんだろうね。

デュークLBはトリガー乗ってる状態で発動すると、こっちは3アド失ってドライブチェックで最低1アドゲット、つまり最悪2アド損に対し、相手はガード必須状況なら2~3枚ガードに切らされるから、枚数損的には変わらんのよね。

ファイナルターンなら、こっちのアド損気にせず、相手に追加ガードを要求できるし、ホンマ鬼畜やで…。

投稿: ツヴァイ | 2013年1月12日 (土) 03時13分

なんか今回の新春トリオでマナー悪いやついたみたいだし、見習うべきトコは見習った方がいいなーと思た。まぁ握手までしろとは言わんがw

>>デューク
こいつでこの性能なのに、次弾でツインドライブ失わず☆+1されるカード出るとかマジかよ( ̄Д ̄;

投稿: きこりん | 2013年1月16日 (水) 19時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1144692/48707753

この記事へのトラックバック一覧です: 英語版世界大会動画:

« ドラゴンダンサー ヴェロニカ | トップページ | 新春トリオ祭 »